入居の決め手や施設取材レポート満載!

このページを印刷

  • お気に入りに追加
  • 公式HPへ

[ 住宅型有料老人ホーム ]

ケアタウンあいあい飯塚

福岡県飯塚市幸袋575-12 地図

  • 基本情報
  • 写真
  • 介護・医療体制
  • 周辺地図
  • 取材レポート

温泉旅館をモチーフにした、癒しとこだわりのホーム。

『ケアタウンあいあい飯塚』は、日本人なら誰でも落ち着く和の雰囲気をもった施設で、温泉旅行に来たかのような錯覚すら覚えてしまいます。どこを見てもステキで贅沢なのに、費用は驚くほどリーズナブル。入居金なし、家賃・食事・管理費込みで月額68,000円という低価格を実現しています。訪問看護や調剤薬局などもグループ内にあり、医療面でも安心。どうしてこんなことができるのか、とても興味深い施設です。


外から見ただけで期待感が高まる、わくわくする施設。

『ケアタウンあいあい飯塚』に到着すると、まずはその外観に驚かされます。趣ある木造の日本家屋の様相で、まるで温泉旅館を訪れたかのよう。取材の時期ならではの紅葉も美しく色づいていました。

 

敷地入口の看板も木が使われて良い雰囲気。では、取材に行ってまいります!
大きな車寄せには、家紋のようなロゴが入った暖簾がかかっていて本当にステキ。

筑豊最大級のデイルームは、ご入居者にとってのレジャースポット。

エントランスから中に入った瞬間、2度目の驚きが待っています。目の前に現れたのは、それはそれは広大なデイルーム。色々な施設を取材しましたが、入ってすぐにデイルームというのも珍しいですし、こんなに大きなデイルームを私は初めて見ました。床は畳が敷かれ、ふんわりとただよう木の香りが心地よさを誘います。


スペースそのものも広いのですが、大きな梁のある高い高い三角天井がさらに空間に広がりをもたらし、開放的な空間になっています。そして入った瞬間に感じたのは、なんだかとっても活気がある!ということ。まるで巨大温泉レジャー施設のように賑わっていました。

『ケアタウンあいあい飯塚』では、リハビリや認知症予防にとても力を入れています。単に希望されるままのサービスを提供するのではなく、積極的にデイサービスやリハビリを提案し、ご入居者のQOL、生活の質の向上を目指しているそう。毎日さまざまなレクリエーションが開催される充実したデイサービス、ほとんどのご入居者が利用されていました。

最新のトレーニング機器がズラリ。実際に使われている方が大勢いらっしゃいました。
これはウォーターベッド。筋肉や腱をほぐして血行をよくしてくれるそうです。
このベッドで低周波治療器や温熱治療器、フットエアマッサージ器を使うのだとか。
安全に歩行訓練用できる平行棒は、足腰強化の定番機器ですね。
ここもベッドと同じく寝転んで機器を使うスペースです。
マッサージチェアでのんびり寛げば、思わずうたた寝してしまいそう。
座ったまま足踏みできるマシンで筋力アップをはかれます。
理学療法士や作業療法士による個別機能訓練もさかんに行われています。

遊びにも妥協しない、楽しく過ごす毎日。

デイルームの一角には、外に行かなくても楽しく過ごせるスペースが用意されています。


本格的なカラオケルームは、昭和のスナックをイメージして造ったのだとか。赤を基調とした豪華な内装や、ミラーボールまで設置してあり、気分を盛り上げてくれます。

カラオケルームの入口には、「カラオケスナック純子」のネオンが灯っています。
脳トレにも有効とされる麻雀に、男性ご入居者たちが興じていらっしゃいました。
「嘉穂劇場」をイメージして造ったという舞台では、日本舞踊などの公演も行われます。
レストランさながらのドリンクバーまである、こだわりよう。

シェフが腕によりをかけたお料理を、毎日いただく贅沢。

食事は施設内のオープンキッチンで毎食手作りされています。取材に行った時はちょうどお昼ごはんどきで、思わずおなかが鳴ってしまう美味しそうな香りがしていました。


専属シェフの丁寧な職人仕事が見えるオープンキッチンなので、いやが上にも食事が待ち遠しくなります。きざみ食や減塩食など、ご入居者に合わせた個別の食事も用意されていました。

器や盛り付けにもこだわった、この日のランチ。とっても美味しそうでした。
デイサービスを利用されない日は、こちらのスペースでお食事をいただきます。

自慢の桧風呂で、心も身体もリラックス。

訪れて最初に「温泉旅館のよう」と驚きましたが、大浴場に行くとそれはもうまさに温泉のしつらえでした。66㎡という広さに加え、こちらも天井が高い大空間。照明や天井なども趣があって、上質な雰囲気を演出しています。


大きな湯船は嬉しい桧づくり!窓から眺めるお庭も相まって、温泉気分で心から寛げそうです。

機械浴も大浴場内にあるので、同じく温泉気分を感じながら入浴できます。
湯船の手前に洗い場があり、奥行きある全体となっています。
脱衣スペースも広々。ここも障子風の建具が和の佇まいをかもしだしています。
大きな洗面台で湯あがりの身支度もばっちりですね。
白を基調にした清潔感ある個浴もあり、ご家族がいらして介助されることもあるそう。
個浴の脱衣スペースもゆったりしているので、着替えもしやすいですね。

やっぱり和室が落ち着く、評判の居室。

居室も共用スペースと同様、和がテーマの内装です。


居室の床も畳張りで、これはなかなか他のホームでは見られません。照明に至るまで和風で、細部まで手を抜かないこだわりが見られます。

電動の介護用ベッドが備わっており、手を伸ばせば届く位置に緊急コールもあります。
障子風建具は可動式。単なる飾りと仰るものの、こういった飾りにセンスが出ます。
車いすでも足を入れて使いやすい、大型の洗面台が備わっています。
トイレのドアは縦横どちらも開いて入りやすい引き戸がついています。

豊かで快適、低価格、安心、そんないい話があるんですね。

『ケアタウンあいあい飯塚』の館内はどこを見ても和モダンで、共用スペースはきちんと片付けられて快適な空間になっていました。

月に何度か美容室がオープン。髪を整えて、見た目も気分も若々しくリフレッシュできます。
館内から眺められる庭園は、夜になるとライトアップされてひときわ美しく見えるそう。
談話スペースから中庭が見えます。取材の時期は紅葉の真っ盛りでした。
いたるところにTV設置の寛ぎスペースがあり、ご入居者が思い思いに楽しまれていました。


これだけ立派でステキな設備の『ケアタウンあいあい飯塚』ですが、さらに驚きなのが費用面です。入居一時金なし、月額費用はなんと68,000円という低価格。福岡県では130,000~150,000円くらいの施設が多いですから、間違いなく破格と言えるでしょう。この月額費用は食費(3食30日)、管理費、家賃を含んでいるので、これまでの暮らしより生活費にゆとりが生まれるかもしれません。

あいあいグループでは運営の方針として、「良質かつ適切」という言葉を掲げています。「高くて良いものは当たり前で、それだとお金がある方しか利用できない。低価格でどれだけ良いものを提供できるか」ということに挑んでいる施設です。

あいあいグループでは現在、県内に7つのデイサービスと、2つの住宅型有料老人ホーム、訪問看護ステーション、調剤薬局を運営しています。グループ内で医療サービスを提供できる体制を整えているため、より綿密に連携した医療対応が可能なのだそう。訪問歯科や訪問診療も行われています。

今まで以上に快適で豊かな暮らし、入居しやすい費用、医療面での安心、あらゆる部分のこだわりはご入居者を思えばこそ。もちろん、それを実現するには多くの苦労や工夫も必要だったことでしょう。低価格でもここまでのものが提供できるんだと感動してしまいました。今後もそのチャレンジ精神で挑み続けていただきたいですし、そんな施設で生活されるご入居者は幸せですよね。だからこそ、ここに入った瞬間に賑やかな活気を感じたんだと、その理由がわかった気がしました。

住宅型有料老人ホーム

ケアタウンあいあい飯塚

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-939-848
受付時間 9:00~17:00(土日祝日を除く)