入居の決め手や施設取材レポート満載!

このページを印刷

  • お気に入りに追加
  • 公式HPへ

[ 介護付有料老人ホーム ]

アンクラージュ大橋南

福岡県春日市桜ケ丘8-29 地図

  • 基本情報
  • 写真
  • 介護・医療体制
  • 周辺地図
  • 取材レポート
  • 入居の決め手

自立のうちから終の棲家に選ばれる、老人ホームランキング1位の住まい。

『アンクラージュ大橋南』は自立から要介護5の方までが入居できる、終身型の老人ホームです。天神や博多に電車で10分の立地に位置し、ここから仕事に通われる自立の方もいらっしゃり、併せて、介護や医療を必要とする方も安心して暮らせる住まい。老人ホームランキング1位に輝いた理由を取材してきました。

老人ホームランキング1位の理由とは?

 

では、行ってまいります!

『アンクラージュ大橋南』は、ダイヤモンド社が発行する雑誌ダイヤモンドQにて、2014年11月、「これなら安心!親を入れたい、自分が入りたい老人ホームランキング」の1位となった施設です。福岡県内2571の自立・混合型ホームの頂点に立った魅力とは何なのかを見てきました。


オートロックでセキュリティが守られた玄関を入ると、奥ゆきのあるエントランスの左手にはレストラン、右手にはフロントがあります。

エントランスには光がふんだんに入り、外から帰ってひと休みできるソファもあります。
エントランスの絵画コーナー。館内のいたるところに多彩な絵画が飾られていました。



エントランスの奥には広々として高級感のあるロビー。取材をしている際にも、ここで寛ぐご入居者の姿がありました。

3本柱の1つ目はお食事。

『アンクラージュ大橋南』の大きな魅力その1は、お食事です。レストランに併設された厨房で毎食手作りされるお食事は、出来立てで栄養バランスがとれていることはもちろん、旬を活かしたお料理ばかり。きざみ食やソフト食などの個別対応も、通常のお食事と同じ料金で受けられるそうです。


 

レストランでお庭を眺めながらのお食事は格別。きちんとセッティングされたテーブルや、スッキリ整ったレストラン内が、暮らしの上質さを表しています。

3本柱の2つ目は、認知症予防。

ご入居者にいつまでも自分らしい暮らしをおくっていただくために、『アンクラージュ大橋南』では認知症予防に力を入れているそう。毎日午後に認知症予防サークルが開かれ、多くのご入居者が参加されています。

ロビーの奥から多目的ホールにつながる渡り廊下。カフェのような案内板がオシャレです。
いきいき健康エクササイズで身体を動かして認知症予防。
カラオケで認知症予防もご入居者に大人気。声を出すと気分も爽快になるそうです。
多目的ホールの一角には、有資格のプロが施術するアロマリラクゼーションコーナーも。


他にも、頭の体操やペン習字、川柳や映画の上映会など、さまざまなサークルが曜日ごとに開かれています。午後のひととき、楽しみながら認知症予防に取りくむご入居者は、とてもイキイキしていらっしゃいました。

3本柱の3つ目は。天然温泉の大浴場。

『アンクラージュ大橋南』の大浴場には、毎日専用トラックで運ばれてくる天然温泉が注がれています。さまざまな効能があるこの温泉「花椿の湯」はご入居者に大人気。大きな湯船で手足を伸ばせ、至福のひとときだそうです。

大浴場の入り口は、温泉旅館のような趣があります。
さまざまな効能も、高齢の方には嬉しい効き目です。
お一人で入浴されたい方のために、個浴もあります。

快適で配慮のある、各フロアの共用スペース。

各フロアには、ご入居者の交流が生まれるコーナーや、安心をもたらすコーナーが設けられています。

応接室のような6Fスカイラウンジにはさまざまな蔵書も。景色も抜群の特等席です。
6F以外にも寛げるラウンジがあり、ご入居者の憩いのスペースになっています。
ケアステーションで24時間の介護体制がとられているのは、介護付きならではの安心です。
介護専用フロアにはリビングがあり、レストランまで降りずにお食事できる配慮が。


他にも、看護師が常駐し、提携しているかかりつけ医からご入居者ごとの薬を預り投薬管理を行ったり、健康相談に応じる医療管理センターなどがあります。夜間も看護師を配置しているのは、数ある施設でも珍しいことです。医療面でも大きな安心がここにはありました。

ゆったり広々、上質な居住空間。

居室タイプは14㎡~47.74㎡とさまざま。すべての2~3Fが介護専用フロア、4~6Fが自立専用フロアと分かれています。自立で入居され、介護が必要になった際、介護専用フロアへの移り住みも無料で可能だそうです。


約24㎡の居室モデルルーム。ベッド、収納、エアコン、カーテンが備わっています。とっても広々!カーテンレールがむき出しではなく、レールカバーがついているなど、暮らしの質を高める配慮がなされた居室です。窓が大きく採光性も抜群です。

緊急コールも完備。横に見えるカーテンタッセルなど、細かな1つ1つが素敵です。
大きな収納家具が備わっているのは嬉しいですね。たっぷり入りますよ!
反対側には、ミニキッチンと洗面台。コンロは電気式で火を使わないから安全です。
トイレの照明は人感センサーで入ると自動で点灯し、夜間でも安全に入れます。
最初にご紹介した居室より小さめのお部屋も、一般的な居室よりずっと広いです。
小さめの居室の収納家具も、私が入れるくらいの大容量!


『アンクラージュ大橋南』の居室は、使い勝手がいいのはもちろん、とても品がよく落ち着ける造りや調度・しつらえでした。まだまだ介護は必要ない、そういう方も快適に暮らせる空間です。現在は、自立の方と介護が必要な方がだいたい半々くらいの割合でご入居されていらっしゃるそう。ここに住まいながらお仕事に行かれる自立の方もいらっしゃるそうで、とても素敵なことですよね。

多彩な移動販売・出張サービス。

『アンクラージュ大橋南』でご入居者が待ちわびているのが、ほとんど毎日開催される移動販売や出張サービスです。ヤクルト、パン屋さん、和菓子屋さん、おにぎり屋さん、理美容室など、多彩なお店が開かれ、いつも大賑わいになっています。

パン屋さんは2つのお店が曜日違いで販売にやってきます。
乳酸菌飲料はご入居者の健康にもひと役買っている移動販売です。

併設施設でも、それぞれにイキイキ過ごされるご入居者。

『アンクラージュ大橋南』の建物1Fにはデイサービス、2Fにはグループホームが併設されています。

1Fのデイサービス。この日は久留米へつつじ見学ツアーに出かけていた方も多数でした。
可愛いウクレレをひきながら歌っていらしたご利用者。とてもお見事な演奏でした!
足腰に負担をかけずウォーキングができる温水プールは、他の施設にはなかなかありません。
2Fに併設のグループホームでは、家事や貼り絵などをされ、和やかなご入居者の方々が。


デイサービスの予定表を見て驚いたのは、まずそのお出かけの多さです。週に2回は外出があり、その内容がまた多彩!アートアクアリウム展、九州国立博物館、石橋文化センター、バーベキュー、宗像、佐賀、唐津、こんなに外出が多いデイサービスもなかなか見ません。が、その内容がまた大人向けバス旅行のような充実ぶり。面白いものでは、都市高速一周ツアーなどもありました。これは、外を出歩くのは辛いけど、車に乗って外の景色を見て回りたいというご利用者の希望を反映したものだそうです。

お出かけのない日も、中ではカラオケやビューディータッチセラピーというエステティック、絵手紙教室、寄席、フラワーアレンジメント、日舞三味線、精花キャンパスコンサートなどのイベントが開催されています。

笠社長は、こう言います。「『アンクラージュ大橋南』では、ご入居者・ご利用者を人生の先輩として、尊厳を重んじた介護を受けていただきたいのです。ですから、高齢者を子どもにように接するのではなく、大人として楽しめる内容のイベントを提供しています。ここは、これからをもっといきいき、輝く毎日を過ごしていただくための施設なんです。」

この言葉に、施設のすべてが表されていると思いました。自立から要介護、そして看取りまで。終の棲家として、ここなら親を入れたい、自分が入りたい、老人ホームランキング1位となる理由を肌で感じた取材でした。

介護付有料老人ホーム

アンクラージュ大橋南

お電話でのお問い合わせはこちら
092-593-2252