入居の決め手や施設取材レポート満載!

このページを印刷

  • お気に入りに追加
  • 公式HPへ

[ 介護付有料老人ホーム ]

フェリオ百道

福岡県福岡市早良区百道浜1-25-19 地図

  • 基本情報
  • 写真
  • 介護・医療体制
  • 周辺地図
  • 取材レポート

質の高い介護サービスを、24時間365日提供する『フェリオ百道』。

早良区の代表的な住宅街に佇む、まるで高級マンションのような外観。クリニックも併設している『フェリオ百道』は、24時間365日常駐の介護・看護体制が特徴です。訓練士によるリハビリや医療サービスが充実していると同時に、隣接する『レジアス百道』のレストランや500坪の庭園で優雅な時間を過ごすことも可能。常に介護が必要な方も、安心して豊かな暮らしを楽しめる住まいです。


百道の住宅街で、広々&快適な暮らし。

では、行ってまいります!
入口のエントランスは、便利な百道の街中とは思えないほどの広さ!
明るく出迎えてくれるスタッフ。ご入居者にかける優しい笑顔が印象的でした。
ロビーは緑豊かな庭園に面しており、ソファでゆったりと寛ぐことができます。

充実した設備は、LIXILのこだわり。

経営母体は、建材・住宅設備機器の大手メーカー・リクシル。業界きっての有名企業が手がけているだけあって、水回りなどの設備がとても充実しています。居室は、介護保険の基準を大きく上回る、ゆとりのある広さ。全体的にブラウン系の落ち着いた色で統一されており、希望者にはインテリアの相談にも応じてくれるそうです。


介護保険の基準を上回る22~33平米という広さ!お気に入りの家具も十分に持って来られますし、このお部屋に合わせて、リクシルにレイアウトの相談をするのも楽しそうです。居室は全部で98室ありますが、空室がほとんどないほどの人気ぶり。

玄関まわりの収納も大容量で、部屋がすっきり片付きます。75Lの冷蔵庫も備え付け。
使いやすいIHキッチンには、キャスター付きのワゴンも!ティータイムに活躍しそう。
洗面台もおしゃれで、収納たっぷり。イスを置けば、ドレッサーとしても使えます。
部屋の奥はトイレスペース。なんと個室のシャワーブースまで付いています!
ガラス戸は天井まで届く高さの特注サイズ。部屋中に光をたっぷり取り込みます。
ボタン一つで角度を変えられる介護ベッド。反対側には呼び出しコールも付いています。



居室の入口にはニッチ棚があり、ご入居者がそれぞれ季節の花や思い出の品をディスプレイ。居室のトイレの電気と連動して、スポットライトが飾りを照らします。見た目の可愛らしさはもちろん、夜間も在室状況が一目でわかる仕組みです。

暮らしやすさに考慮した居室は、さすがリクシルというべき充実ぶり。しかし、ここで暮らすメリットは、居室だけではないそうです。実際に取材中も、居室にこもって1日の大半を過ごしているご入居者には、ほとんどお目にかかりませんでした。その理由は…「共用部分」にあるとのこと!さっそく見に行ってみましょう。

チームケアで支える、健やかな毎日。

『フェリオ百道』は、24時間365日常駐の介護・看護体制でご入居者をサポートしています。併設したクリニックによる医療サービスのほか、リハビリルームや学習室もあり、生活機能の維持・向上に、特に力を注いでいます。実はこれこそが、ご入居者がイキイキと活動的に生活している理由!高齢者に多いと言われる誤嚥性肺炎を予防するため、言語聴覚士による個別ケアや機能訓練も、日常的に実施されているそうです。


リハビリルームの一角。歩行器やトレーニングマシンなどが用意され、ご入居者が意欲的にリハビリに取り組めるよう、さまざまな工夫をこらしています。医学療法士・作業療法士による定期的なリハビリのほか、生活の中に訓練の要素を取り入れていく日常リハビリも、積極的に行っています。

歩行機能を高めるためのマシン。座ったままで使えるため、無理なく楽しく取り組めます。
サイクリングマシン。日々の暮らしの中で、気軽に高度なリハビリを受けられます。



特に大きな効果を発揮しているのが、認知症予防を目的とした学習療法。脳科学理論に基づいて開発された高齢者専用教材が一人ひとりに用意されており、学習療法実践士の資格を持った職員と対面式で行います。

学習室は「セラピールーム」と呼ばれています。親しみやすく、通いやすくなりますね。
数字盤や読み書きを通じて「できる喜び」を体験していく、効果的な学習療法です。
2階は2文字、3階は3文字…各フロアの名前は認知症の方にもわかりやすい花の名前に。
4階はひまわり。迷わず居室に帰れるという安心感が、リハビリ室に向かう動機になります。



年中無休のクリニックが併設されていて、リハビリスタッフと医療施設との連携もバッチリ。夜間も看護師が常駐しているため、日々のバイタルチェックはもちろん、急な体調の変化にも対応できます。

暮らしの中にも様々な工夫が。

定期的なリハビリや学習療法、医療サービスのほか、毎日の暮らしの中でも様々な取り組みを行っている『フェリオ百道』。人とのコミュニケーションや社会性も、脳の活性化には効果的ということで、ご入居者同士で生活空間を適度にシェアする「ユニットケア」も取り入れています。


各フロアにもうけられた共用のリビングダイニング。毎日、ここに同じフロアのご入居者が集まってお茶や食事を楽しんでいます。気心の知れたご近所さんとの食事は自然と会話が弾み、ご入居者からは「自宅で一人暮らしをしていた時より、社交的になった」という声も。

食事は朝・昼・夜すべて2種類のメニューから好きな方を選べます。
各フロアの廊下は、車いすでも移動がしやすい幅広さ。飾り窓があり、明るく開放的。
黒いタイル貼りの個浴室は、高級感のある雰囲気。浴槽も広く、ゆっくり足が伸ばせます。
機械浴室も、個浴室と同じ落ち着いたデザイン。大きな窓から光が降り注ぎます。
別タイプの機械浴室。リクシルのグループ企業だけに、水回り施設が充実しています。
脱衣所には、滑りにくく足触りの良い、竹ラグのような床材を敷いています。
スタッフはフロア担当制。異動もほぼないので、ご入居者ともすぐに顔馴染みに。
取材時はクリスマスシーズン。各フロアの入口を、担当スタッフが華やかに飾っています。
様々なイベントが催される多目的ホールにも、大きなクリスマスツリーがありました。
水槽の中にもサンタが!全力でイベントを盛り上げようという気持ちが伝わってきます。

広い庭園や隣接施設で、非日常的な楽しみも。


ここは公園…ではなく、『フェリオ百道』の庭園!500坪という広大さを誇り、ご入居者の身近な散歩コース。樹齢400年の松の木をはじめ、桜や山茶花など四季折々の植樹が、目を楽しませてくれます。車いすの方も「介護士に押されて、ここを一周するのが、いい気分転換になっています」とのこと。

散歩道は高低差の少ないなだらかな道で、ベンチなどの休憩スポットも用意されています。
予約制の個室「ファミリーダイニング」は、大切な家族や友人との会食にも最適です。



隣接する住宅型有料老人ホーム『レジアス百道』のレストランも利用できます。一面のガラス越しに庭園を望み、シックな調度品に囲まれています。2つの施設は廊下で繋がっているため移動もらくらく。同じ敷地内で、外食気分が味わえます。

日替わりメニューや単品も豊富に用意されていて、高級レストランのような雰囲気です。
天気のいい日は、テラス席も人気です。ウッドデッキから庭園を一望できます。
週3日オープンする『レジアス百道』のバーも利用可能。遊びに来たご家族にも評判です。
見晴らしのいい屋上庭園。ここで園芸体験などのイベントも行っています。


「チームケア」「ユニットケア」「リハビリテーション」…『フェリオ百道』の特徴を表すキーワードは色々ありますが、特に印象深かったのは、スタッフの優しい笑顔と、家族のようにあたたかい雰囲気です。本当に、複数の職種のスタッフが一丸となって、ご入居者の健やかな生活をサポートしているのだと感じました。さらに、離れて暮らすご家族にも安心をお届けしたいと、ご入居者の様子をお知らせするWebサービスも行っているそうです。常時介護サービスを必要とされる方が、安心・安全に暮らせることはもちろん、「いつまでも自分らしく、楽しく時を過ごせるように」と、心を砕いてくれるスタッフの存在が、強く印象に残りました。

介護付有料老人ホーム

フェリオ百道

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-148-025
受付時間 9:00~18:00